<診療時間> 9:30~13:00/14:30~18:30 (休診日:木曜・日曜・祝日・土曜午後)
東京都荒川区南千住8-4-5-203 べるぽーと汐入 西館2F TEL:03-5850-8733

【汐入眼科クリニック】東京都/荒川区/南千住/眼科/緑内障/白内障/コンタクト/ドライアイ/斜視/弱視/眼鏡/

クリニックからのお知らせ

MOBILE SITE

カラーコンタクトレンズの安全性-カラコンの使用で目に障害も-

眼科医の診察を受けずに通信販売で買う女性が目立っており、センターは「必ず医師の処方を受け、異常を感じたらすぐ使用をやめて眼科専門医を受診して」と呼び掛けています。
>>詳しい発表資料はこちらから


カラーコンタクトレンズの安全性

(国民生活センターHPより)


承認を受けたカラーコンタクトレンズは、2009年には10品目以下でしたが、2013年には300品目程度に増加し、カラーコンタクトレンズの使用者も増加していると考えられます。
PIO-NET(パイオネット:全国消費生活情報ネットワーク・システム)には、カラーコンタクトレンズに関する相談が2004年4月1日から2014年3月31日までの10年間で737件寄せられていますが、最近の5年間(2009~2013年度)では541件と近年相談件数が増加しています。
また、2012年に日本コンタクトレンズ学会が行ったカラーコンタクトレンズによる眼障害調査では、7月~9月の3カ月間に、カラーコンタクトレンズによる眼障害が395症例報告されています。中でも重篤と考えられる眼障害(角膜潰瘍(かいよう)、角膜浸潤)の割合は、公益社団法人日本眼科医会が行ったコンタクトレンズ全体の眼障害の調査結果よりも高く、この原因として、カラーコンタクトレンズは透明なコンタクトレンズに比べ酸素透過性が低い、着色部位により角膜や結膜を擦る可能性があるなど、レンズ自体の安全性の問題や、正しいケアが行われていないなどの使用方法の問題が挙げられていました。
カラコンを使う10代、20代の計千人に実施したアンケートの結果、購入先はインターネット通販が39%と最多で、購入時に眼科を受診していない人が43%もいました。 24%が過去1年間に、目に異物感や充血などの症状を感じていましたが、放置していました。
 

カラーコンタクトレンズの安全性

カラーコンタクトレンズの安全性

カラーコンタクトレンズの安全性

(国民生活センターHPより)


・カラーコンタクトレンズにはレンズの品質が原因で透明なコンタクトレンズよりも眼障害を起こしやすいものがあることが分かりました。カラーコンタクトレンズを使用する場合には、リスクを十分に理解した上で、必ず眼科を受診し眼科医の処方に従ったレンズを選択するようにしましょう。
・カラーコンタクトレンズを使用していて目に異常を感じた場合には、直ちに使用をやめ、眼科を受診しましょう。また、目に異常を感じていなくても、必ず定期検査を受けるようにしましょう。
・レンズの使用期限を守りましょう。また、繰り返し使用ができるレンズは、レンズケアを毎回正しく行うようにしましょう。
・今回、参考としてテストした個人輸入の3銘柄では、ベースカーブや直径が表示値から大きく外れているものがあったり、表示が全くないものもありました。個人輸入のカラーコンタクトレンズは、日本において安全性が確認されているわけではありませんので、安易に購入しないようにしましょう。



「ひよこクラブ 5月号 病気ガイド 目の様子が気になる」  医学監修


泉田美穂院長が医学監修した「ひよこクラブ 5月号 病気ガイド 目の様子が気になる」が発刊されました。 汐入眼科クリニックと昭和大学医学部眼科学教室で培った知識と経験を基に、患児のご両親にわかりやすく小児特有の眼疾患を解説してあります。
この時期のお子様の眼は繊細ですので、小さなトラブルでもママやパパはとても心配です。 一人で抱え込まずに相談できるように医学監修をいたしました。
赤ちゃんのかけがえのない”目”を守るため、多くのママ・パパにご活用いただけると大変うれしく思います。
また、ひとりでも多くこの著書でしあわせになっていただけますよう、願ってやみません。


花粉症対策!! 抗アレルギー薬で ”予防的治療”

まだまだ、寒い日が続きますが山間部でスギ花粉の実が日増しに大きくなってきています。花粉症をお持ちの方は暖かくなってくると同時に花粉が飛散し、目のかゆみ、鼻汁、喉の違和感などのつらい症状が出現し始めます。
毎年、この時期は私も症状がひどく、ゆううつになります。

最近では花粉が飛ぶ前である1月ころから抗アレルギー薬で”予防的治療”をすることで、花粉飛散のピークの時期の最もつらい症状を緩和することができることが知られるようになってきました。

眠くならない新しいタイプのお薬も出てきておりますので、花粉症の予防については 当院 汐入眼科クリニックへご相談ください。


ページトップへ戻る