<診療時間> 9:30~13:00/14:30~18:30 (休診日:木曜・日曜・祝日・土曜午後)
東京都荒川区南千住8-4-5-203 べるぽーと汐入 西館2F TEL:03-5850-8733

【汐入眼科クリニック】東京都/荒川区/南千住/眼科/緑内障/白内障/コンタクト/ドライアイ/斜視/弱視/眼鏡/

緑内障

MOBILE SITE

緑内障

緑内障とは

緑内障は、眼圧(目が正常な機能を保てる適正な眼圧)の上昇のために視神経が障害され、視野(見える範囲)が狭くなる病気です。
一度障害を受けた視神経は再生することが無いため、緑内障は失明する危険を伴う大変怖い病気と言われています。

緑内障の症状

緑内障の症状として、視野が狭くなったり、視力が低下したりしますが、症状によりその進行の早さは異なり、徐々に進む症状と急速に悪化する症状があります。
一般的に緑内障は自覚症状がほとんど無く、知らないうちに病気が進行していることが多いようです。早期発見・早期治療が重要ですが、初期段階では自覚症状があまり無いために、症状が進行してしまってから受診する方が多いようです。

緑内障の治療

緑内障を自覚した場合は、まずは眼科での受診をお勧めします。医師と緑内障の治療方針について相談の上、治療をして下さい。
緑内障は時間が経つほど治りにくくなるので、急性の緑内障の発作が起きた場合はすぐに治療を行い、眼圧を下げる必要があります。
薬を使って眼圧を下げますが、十分に効果が出ない場合は、手術やレーザー治療を行います。
日本人では、40才以上の17人~20人に1人、70才以上の10人に1人、緑内障と言われています。緑内障は自覚症状の無いまま進行することが多いですので、少なくとも半年に1度は検診をお勧めします。

ページトップへ戻る